スペーシア21

「スペーシア21」は、非常に高い断熱性能を持つ真空ガラス「スペーシア」とLow-Eガラスで構成した
ハイブリッドな複層ガラスです。
さらに中空層には、空気に比べて約30%も熱伝導率が低いアルゴンガスを封入。
50ミリ厚のグラスウールにも匹敵する国内最高水準の超高断熱性能を実現しました。
品揃えは<断熱クリア><遮熱クリア><遮熱グリーン>の3タイプ。寒冷地でも北面でも明るく大きな開口部が設計でき、夏期の通気性、
冬期の断熱性をともに満足できる居住空間が実現できます。

製品特長

超高断熱

「スペーシア」を複層ガラスに。

「スペーシア」にLow-Eガラスを組み合わせた複層真空ガラスです。中空層には空気に比べて約30%も熱伝導率が低いアルゴンガスを封入。その性能は50ミリ厚のグラスウールにも匹敵する超高断熱性能を発揮。寒冷地でも北面でも明るく大きな窓であたたかな住まいを実現します。

防露

いつでもクリアな視界に。

寒い冬や梅雨時に発生する不快な結露。「スペーシア21」は外気の影響を受けにくいため、結露の発生をおさえクリアな視界を保ちます。

[遮熱クリア]遮熱

太陽熱を54%カットします。

遮熱クリアタイプなら、窓を通して侵入してくる夏の強い日差しを54%カット。大きな窓のある部屋でも、冷房効果を高めます。

※数字は日射熱カット率(%)で、数字が大きいほど遮熱性能に優れていることを示します。
※「スペーシア21(遮熱クリア)」は日射吸収率が高いため、事前に熱割れの検討が必要です。
※「スペーシア21(遮熱クリア)」は、保温効果に優れているため、夏に窓を閉め切った状態で冷房をかけていない場合等の使用条件のもとでは、一枚ガラスに比べて室内が暑く感じられることがあります。

[遮熱クリア]UVカット

紫外線の侵入をおさえます。

家具やカーテンの色褪せ、変色の原因となる紫外線。
遮熱クリアタイプは、紫外線の約74%をカットします。

省エネ

エネルギーを節約します。

※一枚ガラス(フロート板ガラス)ペアマルチスーパークリアS(フロート板ガラス3ミリ+中空層12ミリ+Low-Eガラス3ミリ)
※算出条件はこちらをご覧ください。

構造図

カラーサンプル

※モニターにより、色の見え方が実際の商品と多少異なります。
ご採用の際にはサンプルによるご確認をおすすめします。

※撮影条件はこちら

製品ラインナップ
「スペーシア21」に関するお客様の声

台所、トイレ、風呂を結露・防寒対策に取り替えたが、不透明ガラスの「スペーシア21」に交換した。効果もさることながら不透明ガラスもムードがあり気分が変ってよい。

(奈良県 男性 60代)

非常に優れた断熱効果に驚きました。ガラス交換後、窓付近の冷気を感じなくなりました。これからは札幌の冬も暖かく過ごせそうで楽しみです。ありがとうございました。

(北海道 男性 60代)

撮影条件
閉じる