暖房入れているのに室内がさむぅ〜い

断熱性

暖房を入れているのに寒い

家の中で重ね着している

暖房を入れているのに
室内がとにかく寒い。

冬、暖房で暖めている部屋にいるにもかかわらず、足下がひんやり…。
エアコンだけではなく、足温器とガスストーブも手放せない・・・
家の中なのに上着を重ね着してしまう、そんなご経験はありませんか?

寒さの原因は?原因は窓ガラス?

寒い冬を快適に過ごすには、部屋を暖かくしてキープするのが必要ですよね。このためには住宅に断熱性能を持たせることが重要です。
冬の寒さから守って快適な家にするには、壁や天井に断熱材を使用するのは常識となりつつありますが、「窓の断熱」については、まだまだ認識されていません。冬の寒さから部屋を守るなら、「窓の断熱」がとても大きいポイントになります。
では、なぜ「窓の断熱」なのでしょう?

図を見ると分かるように、冬に部屋の中が寒いのは、家の中にある熱の約半分が窓などの開口部から外に逃げてしまうからです。
部屋の熱は窓から多く逃げていくのに、窓の断熱性能が壁や屋根などより劣っていると暖房などで暖めていても、「冬に暖かい部屋」は実現しません。
暖房で暖めている部屋にいるにもかかわらず、足下がひんやり…
こういうこと、よくありますよね。
この原因は、窓の断熱性能が不十分なために起こる、「冷ふく射」という現象で、窓から冷たい外気が入ってくることによります。
また、冷たい空気は下に下がる性質を持っています。そのため、窓の近くの空気が冷やされ、足下から「ひんやりゾーン」が部屋全体に広がるのです。
こういった理由で暖まらない部屋ですと、暖房の温度を上げても効果がなく、どんどん設定温度を上げてしまってとても電気代がかかってしまう原因にもなります。
また、住宅内の温度低下は居住者の健康状態に大きな影響があります。暖かい居室から寒い脱衣所、トイレに移動することにより血圧が上昇し、心筋梗塞や脳卒中などの循環器系の疾患(ヒートショック)につながるリスクが高くなるといわれています。

窓の断熱化を実現する窓ガラスとは?

室内の暖かさを逃がさない鍵は、ズバリ「窓」ということはお分かりいただけたかと思いますが、では「窓」の断熱性能を向上させるためにはどのような窓ガラスを選択すれば良いのでしょうか?
答えは魔法瓶に使われている真空断熱技術にあります。魔法瓶はステンレスの二重構造の容器なっていて、外びんと内びんとの間が真空状態になっています。真空状態は宇宙空間と同じで、水も空気もありません。よって熱伝導も対流も限りなくゼロになります。
そのテクノロジーを窓ガラスへ応用したのが真空ガラス「スペーシア®」。
2枚のガラスの間に0.2mmの真空層を閉じ込める真空技術と特殊金属膜コーティング技術により、断熱性能を大幅に向上。厚さ約6.2ミリの薄いガラスでありながら、一枚ガラスの約4倍(窓ガラスを通じて室外に逃げる熱は約1/4に低減)の断熱性能を発揮します。
その真空テクノロジーのおかげで、暖房時、室内の暖まりが早く、またその暖かさも逃さない快適な室内環境づくりを実現します。
真空ガラス「スペーシア®」で冬も暖かく健康で快適に過ごしたいものですね。

こちらのスペーシアがおすすめです

新築でご検討ならこちらもおすすめです

断熱性に関するお客様の声

数年前にもスペーシアにしたので、断熱や結露対策に良く、今回はその時変えなかったところ全てスペーシアにしました。これでどの部屋も快適になるので嬉しいです。

(神奈川県・40代・女性)

室内の温度が一定になり、結露も全くしなくなったのでうれしい。特に冬は5~8℃程温かくなった。

(愛知県 女性 40代)