複層ガラス(ペアガラス)と二重サッシの違い・メリットとは

2020.09.24窓ガラスの知識
Pocket

窓ガラスのリフォームを検討していると、「複層ガラス」・「ペアマルチ」・「ペアガラス」・「二重サッシ」・「二重窓」など様々な製品の紹介を目にしませんか?

こういった窓ガラスはみんな同じなのでしょうか?ここでは各名称が意味する窓ガラスの種類を紹介するとともに、それぞれの製品の違いや特長などを紹介していきます。

リビング窓

 

複層ガラスとは

ご自宅にどのような窓ガラスが使用されているか、ご存知でしょうか?

一般的にはこのような種類のガラスが多くみられます。

一枚ガラスと複層ガラス

一枚ガラスは、いわゆる普通のガラスで2000年頃まで、ほとんどの新築住宅(戸建住宅、マンション、アパート等)の窓にごく一般的に使用されていたガラスです。雨風をしのげる、ガラスの厚さを増すと外から受ける風力に対抗できるという効果はありますが、その他特段の性能を有してはいません。

「複層ガラス」はその名の通り、複数のガラスから構成され、ガラスとガラスの間に空間(中空層)をもたせたガラスのことです。ガラスとガラスの間の空間を確保するため、スペーサーと呼ばれる乾燥剤入りの金属部材をガラスとガラスの間に挟み込んで、その間に乾燥空気を封入してあります。2000年代に入り、省エネ機運の高まりなどから新築住宅への普及が進んでいます。

またその他では、この空間(中空層)へ「アルゴンガス」とよばれる空気より熱伝導率の低いガスを封入したものやより熱の移動を防ぐため、二枚のガラスの間を真空にした「真空ガラス」なども製品として流通しています。

窓ガラスを複層ガラスに交換するメリット

「複層ガラス」のメリットとしては2点あげられます。

●断熱効果

一枚ガラスと比較して、中空の空気層が、ダウンジャケットと同じ様な効果を発揮し、断熱効果を期待することができます。断熱効果が高くなると、冬の時期、暖房機器等で作られた暖房熱を外に逃がさず、同時に外から冷気が伝わるのを防ぐことが可能なため、省エネ効果をぐんと高めます。また、「アルゴンガス」を封入した複層ガラスや「真空ガラス」などは、より高い断熱性能を期待することができます。

●結露対策

断熱効果が高くなった複層ガラスは、室内で発生する結露対策にも効果を発揮します。寒い冬や梅雨時に窓に発生する結露は、カーテンや窓枠を汚すだけでなく、喘息・アレルギー症状の原因のひとつとなっているカビの発生を助長します。冷たい外気の影響を受けにくい複層ガラスなら不快な結露を防ぐことができます。

窓ガラスを複層ガラスに交換する際の注意点

■各種ガラスの厚みとサッシの関係

一枚ガラスや複層ガラスなどのガラスを使用する場合、実は窓ガラスがはまっている金属製の枠(これをサッシといいます)も専用のものを使用する必要があります。一枚ガラス用のサッシや複層ガラス用のサッシというようにそれぞれのガラスにあわせたサッシ製品が存在しています。これは、一枚ガラスと複層ガラスの厚みが大きく異なることが影響しており、中空層を挟んだ複層ガラスの方が、厚みがあるためです。新築の場合、予め窓ガラスにあわせた専用サッシを選択するのであまり気にする必要がありませんが、窓リフォームなどで一枚ガラスから複層ガラスに交換する際、サッシに複層ガラスが納まるかが重要なポイントになってきます。一枚ガラスは、約9ミリ~11ミリの溝幅のサッシに納まっています。この溝幅に複層ガラスを納めるためには3ミリ構成の複層ガラスですと、中空層は3ミリにする必要があります。が、中空層3ミリでは断熱性能を発揮するのは難しく、複層ガラスに交換する効果が得られなくなってしまいます。

一枚ガラスと複層ガラス

また、溝に収まらない場合、「アタッチメント」という部材を使ってサッシ溝の外側に新しくガラス溝を作り、複層ガラスを納める方法もあります。しかし、この場合、アルミで作られたアタッチメント部分に結露が発生してしまい、結露対策効果が薄まってしまうということも考えられます。

アタッチメント装着イメージ

アタッチメントを使わない方法として、サッシごと取り替える「外窓交換」や、枠の上から新しい枠を取り付ける方法などがありますが、おおがかりな工事となってしまいます。

■遮音性能を求める方には不向き

一枚ガラスから「複層ガラス」に交換される際に注意したいのが、遮音目的で窓リフォームする場合です。「複層ガラス」はガラスが2枚になるため、遮音性が高くなると思われている方もいますが、まったくの誤解で、「複層ガラス」は一枚ガラスと比較すると遮音性は落ちてしまうので注意が必要です。

複層ガラスのニーズ

最近では下記グラフを見るとお分かりいただけるように、新築住宅の窓ガラスの大半に複層ガラスが使用されています(戸建98.6%、集合住宅65.5%)。これは新築住宅を建てる際の省エネ基準が過去と比べて厳格化されていることや、環境意識の高まりなどからエコなガラスへの消費者意識の高まりなども影響しています。また、「複層ガラス」が使われているかどうかは、新築住宅を建てる際やマンション・賃貸住宅を選ぶ際の基準にもなりつつあります。

複層ガラスの普及率圧縮

「窓ガラスと断熱の仕組み」はこちら!

「ペアガラス」と「複層ガラス」の違い

前項では「複層ガラス」の説明をしましたが、「ペアガラス」という文言もよく出てきます。

ペアガラスは、日本のガラスメーカーの一つであるAGCの「複層ガラス」の登録商標になりますが、「複層ガラス」の一般呼称として使用されているケースも多くみられます。日本では他にガラスメーカーとして、日本板硝子とセントラル硝子があります。日本板硝子では「複層ガラス」を「ペアマルチ」として、セントラル硝子では「セントレックス」というブランドで製造・販売をしています。

通常、「複層ガラス」の中空層は1つのものが多く流通していますが、寒冷地仕様としてさらに断熱性能を高めるためにガラスを3枚、中空層を2つで構成されたガラスは「トリプル(3層)ガラス」と呼ばれ、流通しています。

 

「二重サッシ」とは

「複層ガラス」・「ペアガラス」の違いをご紹介してきましたが、窓ガラスのリフォームとして他に上がってくる「二重サッシ」というものもあります。「二重サッシ」は、「複層ガラス」と一緒の様に誤解されている方が多いのですが、全くの別物で,既存の窓の内側に新しい窓を設置する方法になります。別の呼称としては、「内窓」・「二重窓」・「インナーサッシ」などもあります。

内窓

二重サッシ(内窓)を設置するメリット

「二重サッシ(内窓)」は、内側に設置した新しい窓が、気密性・断熱性を高め、室内で発生する音を外に漏らしにくくするという効果があります。そのため、断熱性能効果と同時に遮音効果も期待できる方法になります。

「二重サッシ」「内窓」を設置する際の注意点

■設置箇所について

「二重サッシ(内窓)」は、窓の内側に新しく窓を設置するため、既存の窓の窓枠に新たな窓を取り付ける十分なスペースがあることが必要になってきます。既存の窓枠に設置できる場所がない場合、「ふかし枠」とよばれる枠をサッシ枠の外側に作り、その枠の中に二重サッシ(内窓)を設置することになります。

内窓

また、掃き出し窓と呼ばれるお庭やベランダへ出入りする窓では、カーテンボックス等があるために、新しい窓の設置が難しい場合や新たな窓を設置することで、床に段差が生じてしまうケースもあります。

■操作性、日々の掃除について

「二重サッシ(内窓)」は窓を追加する工事になるため、窓の数が倍となります。これは、掃除、開け閉めについても倍の作業になることを意味します。外部からの掃除が難しい箇所に、内窓を設置してしまうと、掃除がさらに困難になります。また、出入りの多い掃き出し窓等の箇所に内窓を設置してしまうと、都度2度の開け閉めが発生するため、とても不便になる可能性があります。

■結露防止について

「二重サッシ(内窓)」は、新規の窓の結露は防ぐことが出来ますが、既存の窓の結露は解消しないため、結露対策としては不十分な可能性があります。

真空ガラス「スペーシア」

ここでおすすめしたいのが、中空層が「真空」で構成された、「真空ガラス」(ブランド名は「スペーシア」)です。

真空ガラスの構造と共に、「スペーシア」のメリットをご紹介します。

真空ガラスのメリット

■厚さ6.2ミリの薄型構造でガラスの納まりもすっきり!

真空ガラス「スペーシア」は、その厚さ6.2ミリと薄型の構造となっています。一枚ガラスが納まっているサッシのガラス溝幅が9ミリ~11ミリであることを考慮すると、この6.2ミリという薄さに優位性が生まれます。

この薄さ故、「複層ガラス」に交換する際、必要となる「アタッチメント」部材や、「二重窓(内窓)」を設置する際の新しいサッシ枠は、必要としません。

※一部、網入りガラスの場合には考慮が必要の場合があります。

真空ガラス構造

■高い断熱性能

真空ガラス「スペーシア」は、魔法瓶と同じ「真空断熱技術」を利用した構造になっています。2枚のガラスの間の0.2ミリの真空層と、ガラスにコーティングされた特殊金属膜が、断熱性能を大幅に向上させました。その断熱性能は、「複層ガラス」の約2倍。室内から暖まった暖房熱が逃げるのを抑えるだけでなく、室外からの太陽熱をほどよく取り込みながら、冷気はブロックする優れものです。また、真空層が音もカットするため、遮音効果も期待できます。

■工事が簡単!

「スペーシア」にガラスを交換する工事は、サッシからガラスを外して、新しい「スペーシア」に交換するだけ。「複層ガラス」交換、「二重窓(内窓)」設置時に必要とされる追加工事は必要なく、非常に簡単な工事になります。

工事簡単

まとめ

このように紹介してきた「複層ガラス」・「ペアガラス」・「二重サッシ」の違いについてお分かりいただけたでしょうか?窓ガラスのリフォームを検討される場合、製品の種類によっては、期待するほどの効果が得られなかったり、大掛かりな工事、追加工事を必要とするものもあります。その点、真空ガラス「スペーシア」へのガラス交換は、断熱性能、結露防止効果、工事のしやすさといった面からとてもおすすめの窓リフォーム方法となります。

お部屋のあらゆるお悩みを解決する真空ガラス

真空ガラススペーシアの資料請求はこちら

The following two tabs change content below.
窓リフォーム研究所

窓リフォーム研究所

日常生活のお悩みを解決するための窓リフォームにまつわるお役立ち情報を配信中!